ジュースクレンズのダイエット効果とおすすめランキング

ジュースクレンズのダイエットランキング

 

週末デトックスダイエットにジュースクレンズがおすすめ!

 

 

野菜や果物をしぼっただけのジュースを飲むジュースクレンズは、週末のデトックスをするうえで最適です。デトックスといえばどうしても時間がかかり、たとえば仕事や家事などをしながらジュースだけで生活、というのはとても大変です。

 

ジュースクレンズの期間というのは何も固形物を口にしませんので、これでは体がもちません。そこで体をあまり使うことのない週末であればジュースクレンズを行っても特に問題はないでしょう。もちろん週末にこだわらず自分が体を休めることができる日に合わせて実施しても構いません。

 

週末にジュースクレンズ

 

仕事や学校が週末休みになるのは、一週間の疲れを心身ともに休めて次の活動につなげることを目的としています。そのため、その休日におもいきり遊んで体力を使いきってしまい、その次の週の仕事で影響が出るというのは、「正しい休日の過ごし方」とはいえません。

 

ジュースクレンズを週末にやるという場合でも翌週からの活動に支障が出ないようにすることが大切です。あくまでもジュースクレンズの目的は体を健康な状態に保つことにありますので、その点を忘れないようにしましょう。

 

家族や身近な人の協力が不可欠

 

ジュースクレンズでの週末デトックスをする際に、家族などの同居人がいる人は生活リズムの関係からすこし難しいかもしれません。そのため、ジュースクレンズを行うのであれば事前に家族や同居人に相談しておくとスムーズです。

 

もしも反対された場合には、ジュースクレンズの効果について納得してもらえるように説明しておくと良いでしょう。家族から反対されたり、食べる量を増やすように勧められるかもしれませんが、そうなるとストレスになってしまいジュースクレンズも成功に結びつきません。そのため、こうした状態にならないように身近な人に対して理解をしてもらうことは大切なことです。ジュースクレンズの効果を高めるためにも、環境を整えておきましょう

 

ジュースクレンズに使う野菜、果物はどんなもの?

 

 

ジュースクレンズで使うジュースで最も重要なことは、素材に注意するという点にあります。その理由は、ジュースクレンズで取り入れるものがそのまま内臓の健康に直結するからです。そのため、できるだけ内臓への負担が小さなものを選ぶ必要があります。そこで今回は、ジュースクレンズで利用する野菜や果物についての紹介です。手軽に飲みたい方はこちら⇒ジュースクレンズの通販

 

自然栽培のものが最適

 

ジュースクレンズで利用するものは、野菜や果物をできるだけ加熱せずに加工したものが最適とされています。野菜や果物にはそれぞれ特有の栄養素が含まれていますが、こうした栄養素をできるだけ損なわずに取り込む必要があるからです。

 

これらの栄養素というものは加熱されることによって損なわれることが多く、搾り方ひとつとっても栄養素が失われる可能性があります。特に注意したい点といえるのが、農薬などの化学的な薬品を使って作られた素材を使わない、という点です。

 

ジュースクレンズなどのようにプチ断食をする場合というのは食材が体内に吸収されやすい状態にあります。そのため、農薬が使われている素材を利用した場合にはその「農薬」も体に入ってきてしまうということになります。

 

過剰に化学物質が入ってくると体内の細胞が破壊されてしまう危険性があり、これでは美容どころではなく体調不良にもなってしまいますので、ジュースクレンズでは農薬を使わずに作られたオーガニック食材が最適なものとされています。

 

素材の選び方

 

ジュースクレンズではオーガニック素材が最適なものではありますが、そのための素材にこだわりすぎるとかえって手間や費用がかかることになります。お金の関係でジュースクレンズを始めることができないというのは大きなデメリットでもありますので、そこでまずは「費用」だけに絞って種類を選んでみるのもひとつの方法です。

 

たとえば普段からなじみの薄い野菜や果物を利用したジュースを作ってみるというのはどうでしょう。また、一般的な素材であっても栄養素は十分あるはずです。ジュースクレンズで利用する素材によって費用を少なくすることができますので、ぜひ試してみたいところです。

 

イライラした精神状態は牡蠣エキスで解消可能

 

生きている上でストレスを感じる場面が多々あると思います。ストレスを感じると情緒が不安定になったりイライラしたりしてしまいますが、その際に実はカルシウムが急激に消費されるとされています。

 

カルシウムというのは成長過程で骨を形成する大事な栄養素ですが、それだけではなく、カルシウムは精神を安定させる作用もあります。現時点で精神的に安定しているのはカルシウムのお陰だといえるでしょう。逆に言えば、強いストレスを受ければ受けるほど、カルシウムが消費し、さらにイライラしてしまいます。

 

ちなみにカルシウムというのはマグネシウムによって消費量が調整されているので、マグネシウム不足も精神が不安定になる要素と言えます。そして亜鉛も神経伝達物質や脳機能に影響することで精神状態に関係します。このカルシウム、マグネシウム、亜鉛が不足してしまうと、どうしてもイライラしてしまうということになります。

 

逆にこれらの栄養素をしっかりと摂取することによって精神安定作用も見込めますが、食生活だけでバランスよくこれらの栄養素を摂取することは非常に難しいです。

 

ですが、牡蠣を摂取することによって、カルシウム、マグネシウム、亜鉛が摂取できますので効率よく摂取することが可能です。しかし、牡蠣を毎日食べ続けることは非常に難しいです。そんなときに牡蠣サプリメントがありますので、牡蠣サプリメントでバランスよく栄養を摂取することで精神も安定するはずです。→牡蠣エキス ランキング

 

基礎体温にもホルモンバランスにも問題はないのに妊娠することができないのはどうして?

 

葉酸というのは妊娠時にも重要だと言われていますし、妊娠をした後も必要だとされています。ですので、妊娠をする前からしっかり葉酸を摂取するように厚生労働省も推奨しています。

 

この葉酸を摂取することによって赤ちゃんの先天性内情を防ぎやすくすることができると言われており、海外でも先天異常になるリスクが低くなったとされています。また、赤ちゃんの成長をスムーズに行うだけではなく、妊活に対しても効果が期待できるとされています。

 

その理由は2つあり、ひとつ目として子宮内膜を強くしてくれる働きがあるのだそうです。生理周期に合わせて、子宮内膜の状況も変わっていくことになり、受精卵が着床しやすくするために必要になっています。

 

この子宮内膜の状態と不妊症というのは、密接な関係を持っているということも分かってきており、ふかふかした状態の子宮内膜のほうが着床する確率を高めて、成長しやすくなるとされています。反対に子宮内膜の状態が悪いと着床する確率が下がってしまうのだそうです。

 

それに子宮内膜内が薄くなってしまっていると、着床したとしても安定せずに流産するリスクも高くなってしまうと言われています。ですので、子宮内膜を強くすることは、妊娠をする上でとても重要になっているのです。この子宮内膜を増やすことができにくくなっていて、妊娠しづらくなってしまっている場合、プレマリンや低容量アスピリンなどを服用するというケースもあります。

 

そしてふたつ目として、新しく血液を作る働きも葉酸にはあると言われており、血行を促進させやすくすることができるのだそうです。着床を問題なくすることができた人の多くは血行も良くて、血液がしっかり子宮内膜にも送られていることが多いと言われています。

 

また、妊娠をしたとも胎児が成長しやすくなるとされているのです。妊活をするのであれば、食事だけではなく、サプリメントから一日に400μg分の葉酸を摂取することをおすすめします。現在、葉産サプリメントもたくさんありますから、色々なサプリメントを比較して選ぶようにしましょう。こちらがお勧め⇒ホルモンバランスサプリ完全ガイド

 

 

更新履歴