有酸素運動は正しい方法かつ時間も決める

トップページ > 有酸素運動は正しい方法かつ時間も決める

有酸素運動は正しい方法かつ時間も決める

従来、有酸素運動によって脂肪を燃焼する場合、運動開始後20分は継続して行わなければならないとされてきました。そして、20分以内に運動を止めてしまうと、効果が出ないとも考えられてきました。現在ではこの考えは改まりましたが、実際どの程度の時間を掛けるのが有効なのかを考えてみましょう。

 

運動を行う事でまず糖質が分解され、それに続いて脂肪が燃焼されていくのが有酸素運動の流れです。
20分以降になれば脂肪が燃焼し始めるとされてきましたが、そもそも人間の体質は千差万別であり違った特徴を持っています。

 

機械であればいざ知らず、一様に20分と決めつけるのは少々無理があるというものです。では、20分もする必要がないのかと言いますとそうではなく、やはり20分ないしは30分程は運動するのが望ましいと言えます。

 

勿論継続しするのではなく、無理のない程度に時間を分けるのも結構です。また注意点として、食事直後や空腹時に運動するのは望ましくありませんので、このような状態での運動は避けましょう。

 

無理に時間を掛けて有酸素運動を行う必要はありませんが、あまり楽をしたのでは意味がありません。自分の体とよく相談した上で、無理なく続けられる運動を心掛ける事が大切です。