薬剤師の歴史

トップページ > 薬剤師の歴史

薬剤師の歴史

東洋医学では医師と薬剤師の区別がなく、薬は薬師如来と呼ばれてきました。西洋医学では、1240年の昔にフリードリヒ二世によって医師が薬局を持つことを禁止した法令を交付しています。これにより、医療分業が行われ始めたのです。

 

フリードリヒ二世の目的は自分を暗殺する薬を防ぐためでしたが、これが現在にも伝わっているとは偶然とはいえ偉大です。医師の過剰処方や患者の薬漬け、処方ミスなどの防止を目的に、医療分業は進められています。

 

日本では、昔から医薬同一の医療体制が目指されてきました。ドイツの医療制度を翻案として、1874年の8月に医制が交付され、初の近代的医療制度が導入されたのです。

 

医師たる者は自ら薬をひさぐことを禁ずと、医薬開業試験と薬舗開業試験も区別されました。薬輔を開業した薬舗主は、日本における薬剤師の元祖となったわけです。

 

1889年には、薬品営業並薬品取扱規則(薬律)が交付され、薬輔や薬局になりました。薬舗主はそこで、薬剤師となったのです。

 

薬剤師になるには6年制の薬学部で学んで卒業した末に、国家試験に合格する必要があります。年月もスキルも要求される職業ですから、高い専門性を誇っています。

 

さらなる専門性が求められている時代ですが、現在は薬剤師不足が深刻になっています。医療分業を目指した結果として起こったことで、医師の調剤を認可させる元通りになってしまっているのが現状です。